AGA治療で髪と頭皮に自信を持つ~いつでもフサフサの髪に~

頭を指さす男性と頭を抱える男性

投薬での治療

頭を気にするヒゲの男性

AGAの症状が確認できたら、早期に治療を行うことが重要になります。
現在、AGA治療を行なっているクリニックやエステサロンでは、様々なことが行われています。
多くのクリニックが行なっているものが、薬の投与です。
薬で主に利用されているものが、プロペシアです。
プロペシアは元々前立線肥大の薬として開発されたものですが、臨床試験で発毛の効果が認められたことで、発毛の効果がある薬としてアメリカで発売されました。
プロペシアは、効き目が現れるまで通常6ヶ月の服薬が必要だとされています。
途中でやめてしまうと効果がなくなってしまうので、注意が必要です。

AGA治療に効果がある薬としてプロペシアと共によく処方されているものが、ミノキシジルです。
ミノキシジルは高血圧治療のために開発された薬ですが、副作用として発毛の効果があると報告され、この副作用に注目して発毛薬として発売されました。
血管を拡張する作用があることから、酸素や血液、栄養素をより毛根に運び発毛効果があるとされています。
また、フィナステリドは男性ホルモンをDHTへ変換する酵素を阻害する事により脱毛を防ぎます。
DHTという成分は過剰な皮脂を分泌され、毛穴を防ぐことでAGAを誘発していきます。
DHTはAGAの最も多い原因なのでDHTの生成阻害を行うことで脱毛を防ぐことが可能になるという仕組みです。多くのそれぞれの薬は、血液検査や問診等を行うことでその人に投与しても安心かどうか医師が判断して処方を行います。
これらの薬を服用する際には、しっかりと用法と用量を守って長期間続けて行くことが大切になります。