AGA治療で髪と頭皮に自信を持つ~いつでもフサフサの髪に~

頭を指さす男性と頭を抱える男性

AGAの進行パターンを知る

頭を抱える男性

AGAといっても、その症状の出方や薄毛の進行のパターンやスピードは個人によって異なります。
様々なパターンがありますが、大きく3つに分けることができます。
東洋人に多いと言われている進行のパターンがA型やU型と呼ばれるものです。
額の生え際が徐々に後退していくというもので、額がどんどん広くなって行くものです。
逆U字型にどんどん毛髪が薄くなっていくことから、U型と呼ばれるようになりました。
この場合、側頭部や後頭部には髪の毛が残っているという場合も多いです。
額から頭頂部にかけて薄くなっていくということが主な特徴です。
また、頭頂部から徐々に丸型に進行するものはO型と呼ばれています。
頭頂部から少しずつ薄くなっていくというもので、なかなか自分では見ることの出来ない場所なので人から指摘が入って始めて気がつくということも少なくありません。
人から指摘される頃には、だいぶ髪の毛が薄くなっているということもあり、本格的なAGA治療が必要になっているという人も多いです。
AGAで悩んでいる人の中には、A型・U型のパターンと同時に発生するということもあり、両方の症状が同時に進行するという人もいます。

西洋の人に多いと言われているAGA治療の中には、M字型と呼ばれているものがあります。
左右の剃りこみから進行し、前髪に中央部の髪の毛が残ります。
額の中央付近には髪の毛が残っていることから、初期段階では気がつきにくく、剃りこみ部分がだいぶ薄くなってから症状を自覚するという人も多いです。
またM字型の場合、O型が同時に進行するというパターンも有ります。
剃りこみ部分だけでなく、頭頂部も薄くなって来るということから早期でAGAで治療を行うことが必要になります。
2つのパターンが同時で進行した際は、薄毛になるスピードも通常の2倍になっていきます。
AGA治療は、薄毛を食い止めるという効果もあります。早めに治療を受けて食い止めることが大切です。